税理士試験

税理士

 

税理士になるために

税理士になる為には、国が行う税理士試験に合格し、且、実務経験を積む事により税理士登録する事が出来るため、相当な時間が掛かる。

 

まず、税理士試験には受験資格が必要あり、受験資格は大学での経済学などの卒業や、税理士業務を経験する事により得る事が出来る。それ以外にも、日商簿記1級、全経簿記上級の資格取得で受験資格を得る事が出来る。財務諸表論や簿記論と試験範囲が一緒であり、受験資格がない人はこれらの資格取得を狙う事が一番の近道である。さらには、税理士試験にも通用出来る知識を得られる。

 

税理士試験には、必須科目、選択必須科目、選択科目と分類される。
科目は全部で11科目あり、5科目合格する必要がある。税理士試験は、科目毎に受ける事が出来、合格すると生涯に渡り有効であるため、時間を掛けて受ける事が出来る。平均取得年数が10年と、地道に勉強する事が出来る資格である。

 

関連記事

メニュー