医療脱毛について

医療脱毛

 

医療機関でのレーザー脱毛

「医療脱毛」と一言でいっても、いくつかの種類があるのを、ご存知でしょうか?
調べてみると、今は、レーザー・光・高周波・絶縁針の4種類があります。

 

医療機関で行われている脱毛の中で、多くのクリニックで行われているのが、レーザー脱毛です。

 

医療機関と脱毛サロンなんかでもしているのが光脱毛です。
高周波脱毛というのは、人体に安全な高周波を使っての脱毛
ですが、医療機関でする場合はレーザーや光と併用して使う事が
多く、高周波脱毛単独というのは、余りないみたいです。

 

そして、時間がかかるのと痛みがあるのとで、現在やっている
医療機関は少ないのですが、昔ながらの脱毛が絶縁針を
使った脱毛です。

 

レーザーと光が、医療機関での脱毛の主流となっているのですが、
何が違うか?というと、まず大きな違いは「直接、肌にあたるか、
あたらないか?」です。

 

レーザー脱毛は、肌にレーザーを当てていきます。
勿論、人体に影響のないレーザーですから安全なのですが、
ちょっと熱く感じて、余計に痛く感じる事があります。
そして肌の弱い人だと、赤くなる場合があります。
光脱毛の場合は、光を肌に照射していくので、肌に直接、
光が当たらないから、熱く感じる事がないし、肌への
負担が少ないです。

 

レーザーも光も、黒い色に反応して脱毛していくので、
脱毛法としては良いと言えるし、早くキレイになれるのですが、
より肌の負担を少なくしたい方には、光脱毛がおススメじゃ
ないかなと思います。

PR

関連記事

メニュー